食材王国である宮城で食べたい!気仙沼産フカヒレの魅力

高級食材フカヒレの産地宮城県気仙沼市を旅行しよう

宮城県は海と山の幸がとても豊富で、食材の豊かさを「食材王国みやぎ」と表現しPRをしています。だから美味いものを満喫する旅行がしたいとき、宮城県はとても魅力的な場所だといえます。豊富な食材の中、堪能してほしいのはフカヒレです。宮城県気仙沼市は日本一サメの水揚げがある場所で、フカヒレ生産についても日本一を誇っているからです。加工技術が高く評価され、高級中華食材として上海や香港などにも輸出されています。気仙沼市で収穫されるサメは主に3種類あり、ヨシキリザメやモウカザメそしてアオザメです。フカヒレに加工されるのはこれらのサメのヒレ部分で、背ビレと胸ビレ、尾ビレのすべてが用いられます。

フカヒレはとても手間をかけてつくられていて、サメからヒレを切り離したら、一度天日干しをしてしっかりと乾燥させます。乾燥させたあと、水に戻して柔らかくしてから皮を剥いだり軟骨を取り除いたりして行きます。こうした加工技術は、サメの臭みを残さないための工夫です。

気仙沼市で食べることができるフカヒレメニュー

おすすめメニューはフカヒレスープですが、ラーメンや姿煮も産地ならではの価格で堪能できます。中でもラーメンは、フカヒレがたっぷり乗っているのに1,000円前後で食べる事が可能です。中華ではないフカヒレ料理を食べたいなら、フカヒレ丼やお寿司、しゃぶしゃぶがおすすめです。これらのフカヒレグルメは、お土産としても提供されています。また、ヒレを取り除いたあとのサメを加工してつくられているかまぼこ、サメ皮でつくられたバッグもお土産として人気です。美容が気になっている方は、サメの軟骨からつくられている化粧品や健康食品を旅行に来たお土産として選んでみてはいかがでしょう。

バイザポートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です