東京駅から約1時間半で着く上田市は日帰り旅行もできる!

2016年に上田市舞台のテレビドラマが放送される

2016年1月から12月まで、信州上田を主な舞台とする某公共放送の大河ドラマが放送されました。このドラマでは上田市でのロケが行われたほか、ドラマ内には上田市に関連するスポットが登場します。毎回の視聴率が15%以上というヒットを記録したため、放送中から一気に観光客の数が増え、観光関連業を営む人達の生活は潤いました。

上田市は新幹線に乗ると首都圏から意外とすぐ着く

長野県とは距離的には首都圏とだいぶ距離が離れています。しかし北陸新幹線に乗車すると東京駅から約1時間半・大宮駅からであれば1時間強で到着します。しかも、首都圏と上田駅を往復する新幹線は早朝から朝6時台から夜9時台まで出ていますので1日しか休みがない場合は日帰り旅行をする事も十分可能です。

上田城跡公園は上田駅のそばにある

2016年放送の大河ドラマにおいて、上田城跡公園内にある上田城(信州上田城)は劇中にて度々登場します。そんな上田城は新幹線の停車駅である上田駅のすぐそばにありますので、上田市を観光する際はまず、この城を訪れてみてください。天守閣のある城ではありませんが、歴史を感じさせる門などは現存しています。特に、ドラマファンのかたは櫓門の前にある真田石という幅3m・高さ2.5mの大きな石に注目です。

郊外のおすすめスポット

上田駅からは離れた郊外エリアで言うと、ドラマファンには上田市真田町本原の「真田氏館跡」という場所がおすすめです。こちらは上田城を築城する前に真田氏に住んでいた家の跡地で、こちらを訪れると間近で館を見ることができ、訪れたドラマファン達を喜ばせています。同じく真田町本原エリア内には真田氏記念公園というスポットがあり、こちらには真田氏発祥の郷である事を示す石碑などが存在します。

バイザポートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です